MonoKubo: a tribute

This post is a tribute to the illustrator, MonoKubo, who died in Japan on 24 January 2022.

MonoKubo was the most wonderful person to work with and I feel privileged to have known her for two years as we worked together to bring Thunderpaws to the world.

In February 2020, searching hundreds of illustrators who featured cats I finally found her work. It had that emotional factor in the art beyond the physical expression that every other piece so far had lacked.

I couldn’t believe it when she agreed to work on Thunderpaws. We were in contact daily for weeks and months as we worked together on the artwork, me curating source imagery and inspirations, drafting the composition and then always, within a short period of time, amazing art would come back. I just checked and we shared 299 emails. We never met, we never spoke, all our communication was through translation software, and indeed MonoKubo read Thunderpaws through that same software, DeepL (this post is translated below).

She was very kind to say it was her favourite book she’d ever worked on and the best she’d read of recent years (I can’t say how that felt as a debut author). She gave so much talent and energy and brought things I didn’t dare dream. The light in First Morning – the double-page spread of Teufel first looking at the Tower. The simplicity of Arrest – Magnificat and the guards. The amazingness of Court. The willing excitement to tackle my idea for the four page battle montage. The list extends through every image. Every draft. Every stroke.

We shared thoughts and ideas, our feelings as together all our worlds moved through 2020 and 2021, she was just the most wonderful being – kind, humble, determined, generous, certain, and supremely talented in speculation, creation and execution. And her light. Her light. I’d looked forward to the day we might meet, that she might come to London and see the places she helped create. That day never came, but she’ll always be here, because her art is, her soul is.

My condolences to her family, friends and anyone who had the privilege of meeting her or working with her.

Big paws MK, you are loved!
TP, Ben and the whole Thunderpaws crew x



この投稿は、2022年1月24日に日本で亡くなったイラストレーター、モノクボさんへのオマージュです。

モノクボは一緒に仕事をする上で最も素晴らしい人でした。Thunderpawsを世に送り出すために一緒に仕事をした2年間、彼女と知り合えたことを光栄に思っています。

2020年2月、猫をモチーフにしたイラストレーターを何百人も探し、私はついに彼女の作品に出会いました。これまでのどの作品にも欠けていた、身体的な表現を超えた感情的な要素が絵の中にあったのです。

彼女がThunderpawsの仕事を引き受けてくれたとき、私は信じられませんでした。何週間も何ヶ月も毎日連絡を取り合い、一緒に作品を作り上げました。私がイメージやインスピレーションを集め、構成を考え、そしていつも、短期間のうちに素晴らしい作品が戻ってきたのです。今確認したら、299通のメールを共有していました。私たちは一度も会ったことがなく、話したこともなく、すべてのコミュニケーションは翻訳ソフトを通して行われましたが、実際にモノクボはその同じソフト、DeepLを通してThunderpawsを読みました(この投稿は以下に翻訳されています)。

彼女はとても親切に、今まで手がけた本の中で一番好きで、ここ数年で読んだ本の中では一番だと言ってくれました(デビュー作の私が言うのもなんですが)。彼女はとても多くの才能とエネルギーを与えてくれ、私が夢にも思わなかったものをもたらしてくれました。ファースト・モーニング』の光-タイフェルが初めて塔を見たときの見開きの2ページ。逮捕のシンプルさ - マグニフィカトと衛兵たち。宮廷のすばらしさ。4ページの戦闘モンタージュの私のアイデアに取り組んでくれた意欲的な興奮。このリストは、すべての画像に及んでいます。すべての原稿。一筆一筆。

私たちは、2020年と2021年に私たちのすべての世界が一緒に動く中で、考えやアイデア、感情を共有しました。彼女は、親切で、謙虚で、決断力があり、寛大で、確実で、思索、創造、実行において最高の才能を持つ、最も素晴らしい存在でした。そして、彼女の光。彼女の光。私は、彼女がロンドンに来て、彼女が作るのを手伝った場所を見るかもしれない、私たちが会うかもしれないその日を楽しみにしていました。その日は来ませんでしたが、彼女はいつもここにいます。彼女の芸術は、彼女の魂は、そうなのですから。

彼女の家族、友人、そして彼女に会う機会に恵まれた人、一緒に仕事をした人たちに哀悼の意を表します。

MK、あなたは愛されていますよ。
TP、Ben、そしてThunderpawsのみんな。

Montage of MonoKubo images from Thunderpaws and the Tower of London